• HOME
  • 企業紹介
  • 商品ブランド強化
  • マーケティング
  • 販客数アップ
  • 企業戦略開発
  • 組織構築
  • 費用
お知らせ
Title

<コンサル・経営戦略・マーケティング>:飲食店のコンサル契約のコツ ”20のワークエリア” を知る 飲食の ⑨/20 ”事業計画” : 京都の中小企業コンサルティング 3L が解説

京都・大阪・東京・全国対応の中小企業コンサルティング

ロング ラスティング ライン3L

https://longlastingline.com/

電話:090-6650-9858

メール:info@longlastingline.com

 

 

飲食店がコンサルを雇う時のコツについての9回目です。

 

コンサルの雇い方の基本

 

20のワークエリアから自分が出来ない部分だけをピックアップしコンサルに”出来ますか?”と聞くことです。

 

出来るとの回答であれば

 

  • – 成果物はどんな形でもらえるの? 
  • – コンサルティングはどんな形でやってくれるの?
  • – 自分は何をやってコンサルさんは何をやってくれるの?

 

と確認してください。

 

それでは9回目、今日の本題に入ります。

 

 

飲食店の20のワークエリア(必ずしもこの順で決定・作業するわけではありません)

 

  1. 1. 資格・免許・届け出
  2. 2. お店のベースコンセプトの決定
  3. 3. お店のロケーションの決定
  4. 4. お店の立地の決定
  5. 5. 物件探しと取得
  6. 6. メニュー開発
  7. 7. 仕入れ先獲得
  8. 8. お店作り
  9. 9. 事業計画
  10. 10.商品計画
  11. 11.サービスクオリティー
  12. 12.スタッフ
  13. 13.集客
  14. 14.顧客サービス・囲い込み
  15. 15.採用・労務管理
  16. 16.営業活動
  17. 17.継続認知獲得
  18. 18.組織構築
  19. 19.事業継続
  20. 20.トラブル対処

 

 

9. 事業計画について

 

事業計画にと言ってもいくつかの形があります。

この解説の事業計画とは何かの補助金を取るために作成するカッコよいものではなく

 

実際にビジネスとして店を経営していくためにその指標となる本来の事業計画についてです。

 

 

飲食を開業することは基本誰にでもできます。飲食に限らず起業自体は誰にでもできます。

問題はそれを継続して事業としてやっていけるかどうかです。

 

上手くできるか? 成功できるか? 継続できるか?

と言うのが大切で重要なのです。

 

事業計画とは、の成功の道筋を示すものです。

 

店を開きました。 月に300万売れたから成功!と言う単純なものではありません。300万出ても経費が400万なら倒産です。

逆に100万の売り上げでも経費が30万ならOKかもわかりません。

 

  • さーっ、貴方はどうっやって成功させるのですか? 何をもって成功とするのですか?
  • 入店者数は何人必要ですか?その根拠はは? どうやってその人数を呼びますか?
  • それを達成するためのアクションプランを作成していますか?
  • そのアクションプランで幾らの売り上げが出ますか? その根拠は何ですか?
  • 客単価はどうやって算出しましたか?貴方の希望ではありませんか?
  • 再度、それを達成するためのアクションプランを作成していますか?
  • それらのアクションプランは経費を考えてもプラスになりますか?
  • 誰がやるのですか?
  • etc

 

それを示したものが事業計画です。

 

となるとその背景には①事業の戦略と②アクションプランがなければなりません。

 

それがそれぞれ幾らの経費となるのか? それの効果を一体何万円と読むのか?そしてその結果の売り上げがいくらでそれらのアクションプランに費やした経費を差し引いた場合幾らの利益が残るのか?

 

これを示したものが事業計画です。 月別・年別に作成します。

 

つまり、

 

事業計画とは

 

戦略とアクションプランを一つの表にまとめたもの

 

 

である

 

と言えます。

 

ここにコンサルは必要か?

 

貴方が過去に飲食店経営で継続して成功しているのでなければ

 

必ず必要です。と断言します。

 

良き料理人であることは経営と何ら関係はありません。

 

必要な事は

ビジネスとしてのプロフェッショナルであることであり、料理のプロフェッショナルではないのです。

 

多くの相談に今まで乗ってきましたが、95%以上のクライアント様はここ、つまりビジネスとしてのプロフェッショナリティー

とても未熟で不足しています。

その結果、多くの場合が目標通り行かずに案に始めたことを後悔していると言っても過言ではありません。

 

それらを余り考えずに取り合えずやって成功している飲食店もあります。

 

運が良いだけです。 

特に立地に恵まれた物件を手に入れたと言う幸運がその背景にある場合が多いです。

 

ビジネスは運を自ら手繰り寄せることですので能動的でなければなりません。

 

ここは入念に考えて考えて準備して

”どう考えても成功するな”

のレベルまで計画を作成するべきです。

 

それでも成功者はほんのわずかです。

 

それではどんなコンサルタントが良いか

 

ここはクリアです。

 

  • – 戦略構築のプロ
  • – マーケティングのプロ
  • – 経営者の経験があること
  • – 実際の店頭/現場での実務レベルでの経験もあること

 

です。

 

このコンサルタントと本音で自分の弱みや弱点をさらけ出しながら自分の知らない世界をプロの力で補ってもらう

 

そうすることで成功の可能性は飛躍的に高まります。

 

 

是非ここはコンサルを活用することを検討してみてください。強く勧めます。

 

 

次回に続きます。

 

 

京都・大阪・東京・全国対応の中小企業コンサルティング

ロング ラスティング ライン3L




<

ページ上部に戻る