• HOME
  • 企業紹介
  • 商品ブランド強化
  • マーケティング
  • 販客数アップ
  • 企業戦略開発
  • 組織構築
  • 費用
お知らせ
Title

<コンサル・経営戦略・マーケティング>:飲食店のコンサル契約のコツ ”20のワークエリア” を知る 飲食の ③/20 ”ロケーションの決定” : 京都の中小企業コンサルティング 3L が解説

京都・大阪・東京・全国対応の中小企業コンサルティング

ロング ラスティング ライン3L

https://longlastingline.com/

電話:090-6650-9858

メール:info@longlastingline.com

 

 

飲食店がコンサルを雇う時のコツについての3回目です。

 

コンサルの雇い方の基本

 

20のワークエリアから自分が出来ない部分だけをピックアップしコンサルに”出来ますか?”と聞くことです。

 

出来るとの回答であれば

 

  • – 成果物はどんな形でもらえるの? 
  • – コンサルティングはどんな形でやってくれるの?
  • – 自分は何をやってコンサルさんは何をやってくれるの?

 

と確認してください。

 

 

飲食店の20のワークエリア(必ずしもこの順で決定・作業するわけではありません)

 

  1. 1. 資格・免許・届け出
  2. 2. お店のベースコンセプトの決定
  3. 3. お店のロケーションの決定
  4. 4. お店の立地の決定
  5. 5. 物件探しと取得
  6. 6. メニュー開発
  7. 7. 仕入れ先獲得
  8. 8. お店作り
  9. 9. 事業計画
  10. 10.商品計画
  11. 11.サービスクオリティー
  12. 12.スタッフ
  13. 13.集客
  14. 14.顧客サービス・囲い込み
  15. 15.採用・労務管理
  16. 16.営業活動
  17. 17.継続認知獲得
  18. 18.組織構築
  19. 19.事業継続
  20. 20.トラブル対処

 

 

3.お店のロケーションの決定

 

ロケーションとはお店のある場所ですね。

 

この20のワークエリアでは ロケーションと立地を区別しています。

 

ロケーションは①どの町の②どの辺りと言う事です。つまりグーグルの地図で印が付く場所の事です。

 

このロケーションは町の場所だけでなく(住所だけでなく)

町の雰囲気も含んで考えます。

 

東京の青山と言えばおしゃれでハイソなイメージがあります。 美容院が多く高級店も多いエリアですね。

飲食については大通りよりも1本中に入ったところに名店やトレンドの店が多いイメージがあります。

また、トレンドの店であっても、パンケーキの店は大通り側(青山通りは表参道)、美容系なら少し奥側。

服ならさらに奥。等の特徴が見えます。

 

と言う風に、一つの町の中でも雰囲気の住み分けがある程度されているものなのです。

 

それを考えて自店の”ベースコンセプト”に合ったロケーションを選定する必要があります。

勿論、先にロケーションが決まっている場合はそれに合わせてベースコンセプトを作る必要があります。

 

時々、すでに物件を確保してありここで”XXXXX”の店をやりたい

と言う話があります。

 

決して否定はしません。

夢を果たせばよいのです。

 

が、この決定のプロセスと方法を理解していないと成功の可能性は非常に低くなりますし、後々の修正には多大な時間とお金がかかってくるものです。

 

やはり、ロケ―ションの選定は慎重に行うべきです。

 

 

”人通りが多いから”

 

は確かに重要な条件ですが、必要絶対十分条件ではありません。

 

つまり、人通りが少なければそれに合わせて店をつくる。

人通りが多ければ最大限にその有利点を利用して店を作ると言う事を考えます。

 

 

さて、ここにコンサルは必要でしょうか?

 

すでに物件取得済みであれば当然コンサルは不要です。

 

今からロケーションを決める場合は、

 

  • 戦略的に考えることが出来る(戦略系コンサルタント)
  • その町に精通している (地元のコンサル)
  • その町の競合に精通している(地元のコンサルか戦略系コンサル)

 

を選ぶことが効果的だと思います。

 

ご自身が町の事に精通していて、競合(店とその売り上げと顧客層は最低理解していないときついですが)まで含めて理解できているのであればコンサルは不要です。 

 

十分理解できていない。特に競合について理解できていないのであればコンサルをリソース。つまり作業員として雇い調査させることでそれらの情報を入手することは費用対効果としても満足いくものになる場合が多いと思います。

 

店を一旦作れば”辞めた”とは簡単に行かないのでここは慎重に時間とお金をかけるところです。

 

次回は4.立地からです

 

 

京都・大阪・東京・全国対応の中小企業コンサルティング

ロング ラスティング ライン3L




<

ページ上部に戻る