• HOME
  • 企業紹介
  • 商品ブランド強化
  • マーケティング
  • 販客数アップ
  • 企業戦略開発
  • 組織構築
  • 費用
お知らせ
Title

<転職・新卒・中途>:得する転職について : 京都の中小企業コンサルティング 3L が解説

 

 

<京都・大阪・東京・全国対応>

― 戦略開発から実践プラン作成・実行支援まで ー

 

起業相談・経営相談のコンサルティングをお探しなら

 

京都・大阪の中小企業コンサルティング

ロング ラスティング ライン3L

までお気軽にご相談ください。

最後までお付き合いいたします。

 

https://longlastingline.com/

電話:090-6650-9858

メール:info@longlastingline.com

 

 

 

今日は、直接の弊社のコンサルティング業務とは関係のないお話をしてみようと思います。

 

転職についてです。

 

私自身は4回転職をした経験があります。

 

同時に各企業で面接官でもありました。3社では代表取締役であったり幹部であったことから最終面接官でもありました。

 

その経験で ”上手い転職”。”得する転職”について書いてみます。

 

得する転職の条件

 

得すると言うのは金銭的な問題だけでなく総合的に人生にとってプラスになる転職との意味で言っています。

 

転職してプラスになるとは

 

  1. 金銭的に今より良くなる
  2. ポジションが今より良くなる
  3. 仕事の環境が今より良くなる
  4. 仕事の内容が今よりやりがいのあるものになる。

 

等でしょうか。

 

一方そうでないこと。間違った期待は

 

  • 仕事が今より楽になる

 

です。

 

そもそも転職は何かの理由で

 

今を ”捨てて” 一からスタート、リスタートすることです。

 

それが今よりも楽であろうはずがありません。

 

なので、今の仕事がしんどいから。もっと楽したいからで転職をしても

その様な夢がかなう事は極めて稀であると言えます。

 

ただ、今の仕事・会社が業務面ではなく文化的・人間関係などで度を越している。つまりブラックであったり、本来無くとも構わない人間関係で業務遂行に差し障りがある。もっとそれが進み ”人生にとってマイナスになる” のであればそれは十分に転職の理由になります。

この場合は本来その様な企業やその場所に貴方がいること自体が間違いなのです。

 

すぐやめても構いません。 

 

ただし、3年は我慢しましょう。

 

どんな嫌な事があっても3年程度我慢できないと転職は困難だとも言えます。

転職の回数を企業は見ます。多過ぎる場合は企業はその本人に何らかの問題があるのではないか?と考えるのが普通です。

 

 

それとは別に前向きな転職。上記の1-4等を目指して転職する場合はそれが出来るだけ叶えられるに次の条件を網羅している必要があります。

 

  1. ①現場経験が十分ある
  2. ②部下を持った経験がある
  3. ③企画の経験がある

 

これは採用側の企業から見ればとても自然で当然のことです。

 

何かの業務をプロとしてやってもらう人を探しているわけです。

 

1)プロであれば当然

 

現場でしっかりその業務を遂行できた人しか欲しくない訳です。

 

2)さらに幹部社員を探しているのであれば当然、現場でしっかり業務を遂行した経験に加えて

 

人をマネージする能力があるかどうかが採用の最大の条件です。 

企業としては今まで部下を持ったことの無い人をその様なポジションで採用することはあまりにもリスクが大きすぎます。

つまり部下を持った経験や仕事をしていたことはそれができる証になるわけです。

 

 

3)企画の経験がある。

 

これは何も企画部に所属していたと言う意味ではありません。

仕事は様々な問題を解決することです。そして目的を達成することです。

 

その観点で見てみると、企画の仕事は

 

  • 問題を分析して、
  • データを判断して
  • 解決提案を考えて、
  • 実施可能性を考慮し、
  • 他の社員たちが実現出来る企画を構築し
  • 関係者全員を説得する

 

ことに他なりません。

 

さらに社内外で様々な障害を乗り越えて実現させるまでの忍耐力、コミュニケーション力。もっと言えば論理的思考力があることの証にもなります。

 

つまり

 

企画の仕事ができると言う事は

 

ビジネスマンとしてどのポジションでもどの仕事でもこなせるだろうと判断できる

 

と言う事です。

 

それらから言えるのは

 

この3つの条件・経験

 

  1. ①現場経験が十分ある
  2. ②部下を持った経験がある
  3. ③企画の経験がある

 

の中で最低2つは網羅できていると自分で自信を持ってからの転職が一番有利ということです。

 

もし、まだ一つしか経験がないのであれば 先ずは転職よりもそれを経験できるように社内で全力を上げる ことです。

 

また、上記の2.つまり部下を持った経験があるについては必然的に管理職ポジションにいることになります。

となると次の転職先は今より高い管理職ポジションに行ける可能性があることになります。

 

部下を持ったことの無い人に部下を管理する様なポジションで迎い入れることは企業としてはリスクが大きすぎると判断するのが普通です。

 

逆に言えば、

課長でも係長でも部下を持った経験者は企業から見れば支店長でも部長でもやりこなせる可能性があると判断できると言う事です。

 

なので、今よりもステップアップし、給料も高くなる転職を狙うなら部下を持つ経験をすることが最低限必要となります。

当然そのポジションの方は現場経験があるだけでなく現場でも優秀であったと判断されることはとても自然です。

 

この3つの条件

 

  1. ①現場経験が十分ある
  2. ②部下を持った経験がある
  3. ③企画の経験がある

 

の1-3は得する転職の為の優先順位でもあります。

 

そして①と②は最低やっておきたいものです。

そこに③が加われば、あらゆる部署の管理職ポジションへの道が大きく開けると言えます。

 

あるいは3つのうちどれでも良いので最低2つは網羅しておきたい。

 

その為には今あなたが現場でバリバリやっているのであれば

 

そこで認められて一刻も早く管理職ポジションに昇格する

 

 

あるいは

 

常日頃から上司に”自分は企画の仕事に就きたい”と絶えず訴え続けることです。

 

 

これが得する転職の為の今取るべき最優先アクションです。

 

 

ステップアップを狙っているのに横滑りでは面白みがありません。

 

現場しか経験がなければ会社と仕事内容が変わるだけでステップアップにはなりません。

 

その辺りをクールに考えて決断をしてください。

 

<京都・大阪・東京・全国対応>

― 戦略開発から実践プラン作成・実行支援まで ー

 

起業相談・経営相談のコンサルティングをお探しなら

 

京都・大阪の中小企業コンサルティング

ロング ラスティング ライン3L

 

までお気軽にご相談ください。

最後までお付き合いいたします。

 

https://longlastingline.com/

電話:090-6650-9858

メール:info@longlastingline.com

 




<

ページ上部に戻る