• HOME
  • 企業紹介
  • 商品ブランド強化
  • マーケティング
  • 販客数アップ
  • 企業戦略開発
  • 組織構築
  • 費用
お知らせ
Title

転職について : 採用側社長が語る  採用される条件 ③

<ビジネスコンサルティング ロング ラスティング ライン3L が分かりやすく解説します>

京都・大阪・関西・東京・全国対応

 

主に転職をされる方が上手く採用されるための条件やコツについての3回目です。

 

前回は

 

  • 自分自身が相手の企業が望む結果を出すことができるのかどうかをどうやって自分で判断するのか

 

という事でした。

 

その為には自分が”達成した”ことを整理するなどと言う様に大げさに肩ひじ張らずに

 

”自分がやったこと”を整理しましょう。そしてその中で比較的に上手くやれたと自分で思えることを

ピックアップしまよう。”

 

という事でした。

 

今回はその続きです。

 

次のステップ

 

自分が前職でやったことには

 

  • 販売員として3年間実際に接客して来た
  • PCへの数字入力が速い
  • 出庫作業や倉庫への指示をそつなくこなして来た。。等のものから
  • 海外進出時の現地の新規得意先との協働戦略内容の作成
  • 新規ブランドのマーケィング戦略の開発 の様な困難で時間のかかるものまであると思います。

 

次のステップとして、これらを入社希望の会社のその部署で実際に行うであろうと言う業務に当てはめます。

例えばそれが営業部でのセールスパーソンの職であればそこに変換すると言う事です。

  • 無遅刻でした   : 粘り強く交渉できます。
  • PC入力が正確    : 相手の望む売り上げや利益計画の即した提案を正確に迅速に制作できる
  • 接客が上手だった : 相手の隠れたニーズやウォンツを迅速に把握し提案できる

 

等です。

 

少々強引で構いません。

 

そして”リバースエンジニアリング”と言うのでしょうか、次に逆に考えます。

 

”何故 接客が上手であれば相手の隠れたニーズを迅速に把握できるのか?”

あるいは

”相手の隠れたニーズを探り出すのに必要な能力は何か?それは接客業で養えるはずのものか?”

 

です。

 

その答えが

 

貴方の経験ややって来たことが相手の望む結果を出せる理由なのです。

なので

それをやって来た貴方は相手の望む成果を出すことが出来るはずなのです。

 

それでも不安であればと言うか誰しもが不安なのですが(イチロウがマリナーズに行く時もきっと不安であったと思います)

こう思うことです。

 

”今まで何とかやれたのだから次回もやれるはず”

 

今回と前回で採用されるための考え方としての以下の3つの

 

  1. 自分が即戦力であるかどうかをどうやって自分で判断するのか?
  2. 自分にその即戦力として企業の期待に応えられる力があることをどうやって企業側に伝えるのか?(スキルがあるこではありません)
  3. 採用されるためには何を心掛けたり努力すれば良いのか?

 

の1について話しました。

 

次回は2.つまりそれを相手にどうやって上手く伝えるかの採用を獲得するためのプレゼンテーションについてです。

 

 

“中小企業・個人企業専門のコンサルティイング “ロング ラスティング ライン 3L” 

京都・大阪・関西・東京・全国対応




<

ページ上部に戻る