• HOME
  • 企業紹介
  • 商品ブランド強化
  • マーケティング
  • 販客数アップ
  • 企業戦略開発
  • 組織構築
  • 費用
お知らせ
Title

<経営・評価制度・組織・マーケティング>:ビジネスで成功する条件 ④ ーー TCLP & ICF TCLPの L (リーダーシップ能力)について : 京都の中小企業コンサルティング 3L が解説

 

<京都・大阪・東京・全国対応>

― 戦略開発から実践プラン作成・実行支援まで ー

 

起業相談・経営相談のコンサルティングをお探しなら

 

京都・大阪の中小企業コンサルティング

ロング ラスティング ライン3L

 

までお気軽にご相談ください。

最後までお付き合いいたします。

 

https://longlastingline.com/

電話:090-6650-9858

メール:info@longlastingline.com

 

 

成功するための条件

 

TCLP

 

  • Thinking skill (問題を解決する能力)
  • Communication sill (他人を説得できる能力)
  • Leadership(人を動かす能力)
  • Power(やり切るパワー・力強さ)

 

 

ICF

 

  • Integrity(誠意・誠実さ)
  • Courage(勇気)
  • Fairness(公平性)

 

 

今回は

 

TCLPのL。 Leadership skill =リーダーシップについてです。

 

 

リーダーシップって何か?

 

とても耳馴染みの良い言葉ですね。子供も頃からよく聞く言葉です。

 

ただし、ビジネスで言うリーダーシップは少し違う面を持ちます。

 

リーダーシップは誰が必要としていますか?

一般的な社会であればそれはリーダーポジションにある方ですね。

 

課長。キャプテン。学級委員。等。つまり組織の長に当たる人となります。

 

一方で

ビジネスにおいてはリーダーシップは

 

全社員が持つべきスキル

 

と言われます。

 

それでは

 

 

 

ビジネスにおけるリーダーシップとは?

 

ビジネスで関係のあるすべての人々を自分の思いや成果を出す方向に導く・誘導する力の事です。

つまり人を動かす力のことです。

 

何かいやらしく聞こえるかもわかりませんが決して変な利己的な意味はありません。

 

例えば、誰も部下がいないマーケティング部のAさん。

 

部下がいないからリーダーシップが不要でしょうか?

違います。

 

Aさんは、課長から新製品のコマ―シャルのコンセプトを考えるように命じられています。

 

  • その為にはリサーチ部門の力を借りなければなりません。
  • 商品開発部にサンプルを10個余分に作ってもらわなければなりません。(通常手作業になります)
  • 営業部に得意先の情報を貰わなければなりません。
  • 実際に広告を作成する広告代理店の担当にも指示を出さなければなりません。

 

 

これら多くの関係者がAさんの周りにはいます。そして全員がAさんの思うように動いてくれないと決して課長からのオーダー通りに新製品のコマーシャルのコンセプトは良い物が出来ないのです。ところが多くの人が自分の仕事で忙しくAさんのコマーシャルのコンセプトを作ることは決して優先順位が高くはありません。むしろ低いほうです。

 

Aさんは時には利害が反するこれらの人々を動かすことがどうしても必要なわけです。

 

どうやって動かしますか?

 

  • コンセプトを考える重要性を説く
  • 課長からの命令だと脅す
  • これらのコンセプトを考えることが貴方達の職務だと説得する
  • 泣き落とす
  • 怒鳴り散らす

 

色々な方法で動かす必要があります。

 

 

でも一番効果的で重要な決め手は何でしょうか?

 

それは、

  • やる意味・意義・必要性を理解してもらう事

そして、

  • それがその人々の直接の評価に繋がらなくともAさんの為にやってあげたいと思われること

 

です。

 

そうです。 つまりリーダーシップとは

 

脅しや透かしで人を動かすことではなく、理論的に好感を持って人を動かす力の事です。

 

 

上手なリーダーシップの発揮の仕方

 

人は物事を判断する時。やるかやらないかを決める時に3つの方向で考えます。

 

  1. 正義が悪か
  2. 損か得か
  3. 好きか嫌いか

 

決断の3要素と呼ぶべきものですね。

 

この3つのどれかに効果的に働きかけて相手を動かすことがコツになります。

 

その為にAさんはこの3つ全てについて相手毎に答えを用意しておくことが必要です。それを相手の立場を考えて言葉を選び、優先順位を決定し、タイミングを熟考して話すことが重要です。

 

これは部下に対しても全く同じです。

 

部下は自分の指示通りに動くのだから余計なこと考えずに命令すれば良いと考えているのであればそれは危険です。

 

 

人は

 

  • 何も言わなければ80%しか力を発揮しません。
  • 命令してプレッシャーをかければ100%の成果を出すことがあります。
  • でも、納得してモチベーション高く取り組めば120%の成果を出します。

 

 

その120%の力を身分や立場の上下に関係なく他人に発揮させるようにできる能力を

 

Leadership skill = 他人を動かす力

 

と呼ぶのです。

 

このリーダーシップを最大限に上手く発揮するためには後程解説する

 

ICFの考え方。姿勢がとても役に立ちますので合わせてお読みください。

 

 

次回は

TCLPのP.  Power=やり切るパワー・力強さ

についてです。

 

 

 

経営のご相談なら

経営・マーケティング・営業・組織構築・評価制度・社員研修

京都・大阪の中小企業コンサルティイング

 “ロング ラスティング ライン 3L” 

までお気軽に

お問い合わせ先

mail:  info@longlastingline.com

 

 




<

ページ上部に戻る