• HOME
  • 企業紹介
  • 商品ブランド強化
  • マーケティング
  • 販客数アップ
  • 企業戦略開発
  • 組織構築
  • 費用
お知らせ
Title

<経営・評価制度・組織・マーケティング>:ビジネスで成功する条件 ③ ーー TCLP & ICF TCLPの C (他人を説得する能力)について : 京都の中小企業コンサルティング 3L が解説

 

<京都・大阪・東京・全国対応>

― 戦略開発から実践プラン作成・実行支援まで ー

 

起業相談・経営相談のコンサルティングをお探しなら

 

京都・大阪の中小企業コンサルティング

ロング ラスティング ライン3L

 

までお気軽にご相談ください。

最後までお付き合いいたします。

 

https://longlastingline.com/

電話:090-6650-9858

メール:info@longlastingline.com

 

 

成功するための条件

 

TCLP

 

  • Thinking skill (問題を解決する能力)
  • Communication sill (他人を説得できる能力)
  • Leadership(人を動かす能力)
  • Power(やり切るパワー・力強さ)

 

 

ICF

 

  • Integrity(誠意・誠実さ)
  • Courage(勇気)
  • Fairness(公平性)

 

 

今回は

 

TCLPのC。 Communication skill = 他人を説得するの能力です。

 

 

Communication skill = 他人を説得するの能力とは?

 

”コミュニケーション能力”と言えば他人と仲良くする力と思われる方も多いと思います。

 

ですがビジネスの世界でコミュニケーションの力と言えば他人を説得できる力と覚えてください。

 

考えてみれば当然です。

 

  • どんなに素晴らしいアイデアがあっても
  • どんなに強い考えがあっても
  • どんなに自分が正しくとも

 

他人を説得できなければ何も起こりません。

 

これではビジネスでは全く成果が出ないことになります。 致命傷です。

 

時々

 

”あいつは頭も良いしよく働くし良い考えを持っているのだが口下手で損している”

 

と言われる方がいます。

 

これはクールに行ってしまえば

 

能力がないと言う事です。

 

つまり自分の正しい考えを他人に上手く説明できずに説得できないと言う事なのです。

 

これはビジネスの世界では致命的に大きな欠陥となる場合があるので是非とも気を付けたいものです。

 

 

Communication skill = 説得するために必要な要素

 

それは

 

  • 根拠
  • 論理的な組み立て
  • 情熱

 

です。

 

情熱はあるけども他の二つがな。。。。と言われる方。自覚のある方は要注意です。

情熱だけで動かせるほどビジネスは甘くありません。

 

この3つが揃って初めてコミュニケーション能力が高いと言われます。

 

 

Communication skill =他人を説得する能力の磨き方

 

一番重要な事は

 

根拠を持つことです。それもデータベースでです。

 

データなんて。。と口にする人がいますが残念ですがそれではビジネスは中々上手く行きません。

 

”明日は寒そうだからコートを着て行こう”

 

と言う何気ない会話の中にも実は根拠・データがあるのです。

 

毎年の経験で11月20日過ぎで、今日がこのぐらいの寒さで天気予報で明日の最高気温は16度だと寒いはずだ。

と言う結論が貴方の頭の中にあるのです。

 

つまりそれらからその寒さならコートがないと寒くて我慢できないと言う過去の経験=データがあるのです。

 

気温が16度を下回ると寒いと言うのが根拠です。

何故、今までの経験で16度下回ると寒い。11月20日過ぎであると急に朝になって気温が上がることはない

と言うデータがあるのです。

 

それが根拠です。

 

日々のそんな小さな事象でも人は根拠にもとづいて考え・判断し・行動しているのです。

 

ビジネスでも同じです。

 

 

何かタスクが与えられた時。

多くの場合すでに大体の答えがあるものです。

 

それをそのまま答えとせずに

 

”その根拠はなんだろう”

 

と自分に問いかけて答えを出す癖をつけてください。

 

どんなレベルの課題にはどの程度の深い・細かい根拠=データが必要になるのかが大体読めるようになります。

 

そして一番良いことはデータが溜まっていくのです。

将来同じような課題に直面した時に貴方にはすでに根拠=データがあるのです。

 

データを集めることに専念すると仕事が楽になるのです。そして他人を説得することが容易になります。

するとまた仕事が楽になります。

 

根拠=データを集めることを決してサボらないようにしてください。

 

 

その上で、論理的に話すことが必要になります。

 

その根拠をどの順番んで小出しにすれば相手は説得されやすいかを考えることが論理的な会話になるのですね。その実践を論理的な会話力と言うのです。

 

論理的な会話力の鍛え方は、(精神的に少し負担がありますが)

 

 

どんな事柄。ビジネスに全く関係ない事柄にでも

  • 自分で結論を出してみるのです。

 

そして、

 

  • その理由(根拠)を3つ列記してください。

 

結論がその反対でもトライしてみてください。大事なことはこじつけでも良いので理由を3つ列記することです

 

今日の晩御飯は寿司にします。

理由は①。。。。②。。。。③。。。。と言う感じです。

 

この無理やりの根拠を考え出して相手に披露することを繰り返すことによって論理的な会話力が、説得力が各段に増します。

 

トライしてみてください。

 

次回は

TCLPのL.  Leadershipです。

 

 

経営のご相談なら

経営・マーケティング・営業・組織構築・評価制度・社員研修

京都・大阪の中小企業コンサルティイング

 “ロング ラスティング ライン 3L” 

までお気軽に

お問い合わせ先

mail:  info@longlastingline.com

 




<

ページ上部に戻る