• HOME
  • 企業紹介
  • 商品ブランド強化
  • マーケティング
  • 販客数アップ
  • 企業戦略開発
  • 組織構築
  • 費用
お知らせ
Title

コンサルティング会社の使い方 ① : 特定技能職種特化型(弁護士・ホームページ作成等)

ビジネス実践・経営コンサルティング 

ロング ラスティング ライン3L

が分かりやすく解説します

<九州・京都・大阪・関西・東京・全国対応>

 

経営相談はマーケテイング/営業・人事組織構築の専門経営コンサルタント 

ロング ラスティング ライン3L まで

https://longlastingline.com/

 

 

世の中には様々な”コンサルティング会社”が存在します。

 

それこそ世界で名だたる大手のコンサルティング会社から、個人で経営しているコンサルティング会社まで。

 

今回から何回かに渡りコンサルティング会社の経営者から見たコンサルティング会社の上手な使い方について解説してみます。

 

コンサルティング会社の種類

 

大きく4つに分けられます。

 

  1. 特定技能職種特化型
  2. プロジェクト特化型
  3. 経営全般特化型
  4. 研修型

 

の4種類です。

 

それではまずはそれぞれの特徴について一つずつ解説していきます。

 

1.特定技能職種特化型

 

これは特定の職種に特化したものです。

例えば、弁護士・会計士・ホームページ制作等です。広告代理店やPR会社、店舗制作やデザイン会社などもこの部類に入れて良いと思います。リサーチ会社もここに入ります。

これらの”特定技能職特化型”をコンサルティングと呼ぶのか?と言う議論はありますがこれらの職業も自分たちで手に負えないことについてサポートをしてもらうと言う意味でコンサルティング・コンサルタントと定義知ることが一般的です。

 

依頼主は自分たちの通常の業務や知識では賄えない特殊な知識と専門性を持った会社に特定の作業を依頼するのが一般的です。

 

ある訴訟問題についての対応

税金対策・会計作業

ホームページ制作

等です。

 

通常業務を行っている限り必要ではあるのだけれども社員ではとても対処できない事項に対して”お任せ”するの一般的な形になります。

これらの人材を社内で抱えてももちろん問題は有りませんが業務の発生頻度とコストを考えると必要な時にのみ専門家に任せてしまうのが楽で効率的と言えます。

 

発注・依頼の際は期限を区切り成果物を期待することになります。

 

発注主はその分野については素人の場合が多いので原則そのコンサルティングの技量により成果が大きく左右されます。

 

コンサルティング会社選定の際に気を付けたいこと

 

実際にどの様な形のものが出来上がるかを事前に知ることが出来ません。よってほとんどの場合は”期待”がどこを選ぶのかの要因になります。

その期待を具体的に想像するには該当コンサルティング会社の過去の仕事を確認することが重要になります。

  • どんな訴訟でどの様な成果を収めているのか?
  • 会社の規模
  • 実際の制作物
  • 取り引きクライアント(ここをあからさまに公表しているところは少し心配ですが)
  • 世間での評判

等です。

 

契約後に作業が始まるわけですが途中でもっとこうやって欲しいや、これはおかしいのではないかと言いたくなることがあってもそこに対しての専門知識がこちら側に無いのであくまで自信のない希望に終わることになります。

 

また途中で契約打ち切りとすることも実際はなかなかできません。

 

先に挙げた選定時に出来るだけ調査することが何より重要ですが

最後は運が占める割合が高くなります。

 

何社・何人かの方と合ってある程度時間をかけて選定することがリスクを出来るだけ下げることになります。

 

会社の大小も一つの目安ですがそれを一番の要因とすると時々期待外れに合う事があります。

コンサルティング会社自体もビジネスですのでクライアントの規模・予算・状況によって対応が変わることもありますし、得意・不得意の分野があります。

 

上手な選定・依頼の際に相手に確認すべきこと

 

この職種の大きな特徴は発注後に途中で解約できないことです。

もちろん理論上は出来ますがそれまでの時間が全て無駄になることになりますし、発生済みの費用は請求されます。つまり途中で止めるとお金を捨てることになるのです。

 

これらのコンサルティング会社は原則 時間単位費用 X 予測作業時間 で金額を決定します。

発注側としてはその時間が適正かどうか見極める術がありません。

コンサルティング会社の技量により作業時間についても大きな差が出ます。

 

アフタフォローについての範疇に対しての約束・契約もとても重要です。作業が終わって全てが終わりと言う事項を依頼することはあまりないのが普通です。多くの場合はコンサルティング会社にとっての作業の終わりがこちら側の業務のスタートであるからです。

 

その意味では選定時にこちら側の

問題点と成果に対する期待・予算を明確につたえそれに対してどの様な成果を上げても

らえるのか、フォローアップはどの様な形でお願いできるのか

を具体的に質問し確認を取ることが重要です。

 

そして作業途中でその途中の成果物を見てこちら側としては新たなリクエストや疑問が湧いてくるのが普通です。

その際に

どの程度の柔軟な対応をしてもらえるのかの確認は絶対に怠ってはいけません。

 

関連記事

コンサルティング会社の使い方 ① : 特定技能職種特化型(弁護士・ホームページ作成等)

https://longlastingline.com/info/1600.html

コンサルティング会社の使い方 ② : プロジェクト特化型(人事制度構築・マーケティング戦略構築など)

https://longlastingline.com/info/1611.html

コンサルティング会社の使い方 ③ : 経営全般特化型(経営顧問等)

https://longlastingline.com/info/1620.html

コンサルティング会社の使い方 ④ : 研修型(スクール型・講座型等)

https://longlastingline.com/info/1632.html

経営相談 : 経営コンサルタントの上手な雇い方

https://longlastingline.com/info/1864.html

コンサルティングへの期待:中小企業専門の再成長コンサルティング 3L

https://longlastingline.com/info/130.html

 

 

 

 

商品戦略強化なら:https://longlastingline.com/brand

マーケティング戦略構築・強化なら:https://longlastingline.com/marketing

集客戦略強化なら:https://longlastingline.com/sale

企業戦略構築なら:https://longlastingline.com/strategy

人事制度・評価制度構築なら:https://longlastingline.com/culture

 

 

経営相談はマーケテイング/営業・人事組織構築の専門経営コンサルタント 

ロング ラスティング ライン3L まで

https://longlastingline.com/

mail: info@longlastingline.com

電話 : 09066509858

中小企業・個人企業専門の経営コンサルティイング

ロング ラスティング ライン 3L

<九州・京都・大阪・関西・東京・全国対応>

 

 

 




<

ページ上部に戻る