• HOME
  • 企業紹介
  • 商品ブランド強化
  • マーケティング
  • 販客数アップ
  • 企業戦略開発
  • 組織構築
  • 費用
お知らせ
Title

京都・大阪・東京・全国対応 中小企業専門 戦略経営”実践”コンサルティング3Lが解説<マーケティング戦略・営業戦略・経営戦略>:目標数字を決めたその次に何をすべきか?③ KPI設定

― 中小企業の戦略開発から実践プラン作成・実行支援まで ー

<京都・大阪・関西・東京・全国対応>

京都の ”戦略・経営” 実践ビジネスコンサルティング

ロング ラスティング ライン3L

が分かりやすく解説します

https://longlastingline.com/

 

 

事業目標が設定出来た次にやるべきことの

 

  1. 1. 戦略構築
  2. 2. アクションプラン立案

 

に次いでのステップ

 

KPIの設定です。

 

 

同じく先例を使います。

 

3店出す

 

と言う戦略に則り、それを達成するためのアクションプランも出来上がった。

 

さっ、いよいよ実践する日が来ました。  スタートです。

 

3店できたら事業目標が達成できる

 

と言う計画・予定で全てがスタートしています。

 

 

が、実際はそんなに上手く行きません。

 

3店で達成できる = 1店 例えば1億円の売り上げが大前提のはずです。

 

その1億円=月8,000万円達成の為には何があるのでしょうか?

 

  • 入店客数 
  • 購入者
  • 客単価
  • リピート率
  • 優良顧客率
  • その他

 

様々なものがあって、その結果として8,000万円になるのですね。

 

その各々を

 

達成の為の指標 = KPI (Key Business Indicator or INDEX)と呼びます。

 

これを毎日・毎週・毎月評価して行く必要があります。

 

つまり、現場のスタッフはこのKPI。正確に言うと

 

”KPI目標”

 

を達成するべく日々働くことになります。

 

例えば

 

  • 客単価6,000円
  • 販客 5人
  • 入店者数 20人

 

を目指すわけです。

 

前回と同じ逆の論理で言うと

 

1)KPIの達成

 

 

2)アクションプラン目標の達成

 

となり、それは

 

3)戦略の遂行の達成

 

になって結果として

 

4) 事業目標が達成できると言う訳です。

 

 

この逆算計算式を入念にチェックしてください。

 

そして実際に現場で働く社員はかこのKPI目標を達成するように指示されるべきです。

 

それが整合性があり一貫性があり。上から下まで意思統一がとれていると必ず事業目標は達成されます。

 

 

 

関連記事

<マーケティング戦略・営業戦略・経営戦略>:店にとっての商品とは何か?

https://longlastingline.com/info/4165.html

<マーケティング戦略・営業戦略・経営戦略>:Key Business Driver を意識する重要性 ①

https://longlastingline.com/info/3846.html

<マーケティング戦略・営業戦略・経営戦略>:Key Business Driver を意識する重要性 ②

https://longlastingline.com/info/3852.html

<マーケティング戦略・営業戦略・経営戦略>:Key Business Driver を意識する重要性 ③ Decision Tree について

https://longlastingline.com/info/3873.html

<マーケティング戦略・営業戦略>:商品を作るだけではまだスタートラインにたっていない

https://longlastingline.com/info/3816.html

<マーケティング・営業戦略・飲食店>:店で一番大切なマーケティングとは?

https://longlastingline.com/info/3788.html

 

 

 

 

経営・マーケティング・営業・組織構築・評価制度・社員研修

中小企業専門 実践コンサルティイング

 “ロング ラスティング ライン 3L” 

<京都・大阪・東京・全国対応>

 

お問い合わせ先

mail:  info@longlastingline.com

 




<

ページ上部に戻る