• HOME
  • 企業紹介
  • 商品ブランド強化
  • マーケティング
  • 販客数アップ
  • 企業戦略開発
  • 組織構築
  • 費用
お知らせ
Title

<京都のコンサル社長の徒然草>⑯:バー? 京都が最高だろ

ー 戦略開発から実践プラン作成・実行支援まで ー

<九州・京都・大阪・関西・名古屋・東京・全国対応>

 

”戦略経営”実践ビジネスコンサルティングの 

ロング ラスティング ライン3L

代表 福住和久

 

社会人35年目を迎える私のつたない経験を徒然なるままに話してみる。

 

今日はバーの話しをしようと思う。

何故だって? それは今から飲みに行くからだ。

 

私は40歳を過ぎるまで一滴もお酒を飲まなかった。飲めなかった。

お酒を飲まない両親のもとで育ったのでそもそもお酒を飲む大人を見たことが無かった。

また家にビール一本もなかった。

 

そのせいもあり社会人になってからお酒の席への誘いが一番苦痛であった。

 

そある時新潟に出張に行った。その時はめったにない大雪で慣れない雪道をこけないようにゆっくり

歩き、どこかでコーヒーでも飲もうかなと思った時にバーの看板があった。

その下にコーヒーと書いてあったのでここで良いかと言う事で初めてバーの

と言うか一人で初めてお酒の店のドアをくぐったわけだ。

 

バーテンダーの方が快く接してくれてコーヒーを出しくれた。

カウンターだったので自然と話しが弾む。客は大雪の平日という事もあったのだと思うが私一人だったと記憶している。

 

話しの中で自分はお酒を飲めないことを伝えた。

 

今でも覚えている。じゅんさんと呼ばれていたまだ若いバーテンダーの方がお酒は上手く飲めば美味しいものですよと、一杯のウイスキーのソーダ割りをおごってくれた。

 

これが美味しかった。 ラフロイグの10年だった。

 

それからはお酒もそうだがバーと言う場所が自分のお気に入りになった。

 

今でも日本中のバーに行く。 

バーも通い慣れるとこそっとボトルをキープしてくれる。本来ショットバーと呼ばれる形態の店に行くのでボトルキープはしてくれない。

 

数えると日本中に今現在11店のバーに自分のボトルがある。

全てラフロイグ10年だ。

 

網走から福岡まで。仕事柄日本中に行く機会があったのでそれぞれの町にボトルがある。

 

自分の居場所があると言うのはとても落ち着く。

 

東京に15年住んだ。 神戸はそれ以上。生まれは大阪。今は京都。名古屋にも3年住んだ。

仕事で日本中にのバーに行った。主要都市は全て。

バイクに乗る。田舎町もかなり行った。特に北海道は毎年2週間行くことをここ⑩何年続けている。バイクの一人旅だ。そこでもバーを探す。

 

有名なところもあれば無名なところもある。

オーセンティックなバーもあればダーツがある様なカジュアルな店も好きだ。

 

それぞれどの街にもどんな田舎にも1件は良いバーが必ずある。

 

多くのバーに行ったが、バーは京都が最高だ。

 

勿論それぞれの町に素敵なバーがある。

特に東京にはやはり良い店が多い。

 

東京だけでなく

 

暗証番号を知らなければ入れないバー。

そもそも暗証番号を知らなければエレベーターがその階に行かない店もある。

電気屋さんのドアを開けたらそこがバーと言うのは神戸だったか。

本屋さん開けたらバーだったのは確か長崎だ。よく通ったものだ。。

駐車場の5階の非常階段を開けたらそこがバーだったと言うのものある。名古屋だ。

マンションの一室で隠れ家的にやっているバー等は比較的多い。

真っ暗で自分のグラスが見えない店もある。

 

それぞれのバーがそれぞれに良い。

 

だけども京都のバーが最高だ。

 

店と腕が良いバーももちろん多い。

世界バーテンダーコンテストの優勝者も京都のバーだ。

 

そういえば奇をてらったバーはない。 少なくとも私は知らない。

 

でも京都のバーが最高だと思う理由はそこではない。

 

京都のバーは飲んだ後、店から出てもいい雰囲気だからだ。

 

京都は街自体がバーかもわからない。

 

他の街では飲んで良い気分になっても店から出た瞬間に現実に戻されてしまう。

 

京都のバーはそれがない。

 

少し酔って歩く先斗町。

道に迷ったかなと思って歩く知恩院から岡崎までの白川沿い界隈。橋から落ちないように川を覗く時はご用心。

勿論祇園界隈の雰囲気も良い。巽橋周りはど定番。柳が揺れて気持ち良い。

二条城近くのバーは出たら目の前が世界遺産だ。ライトアップされている。

北山は北山で静かでよい。私が学生時代は京都で一番おしゃれな場所だった。

嵐山にも一軒だけバーがある。酔っぱらって真冬の夜中に歩く渡月橋はまた昼間とは別の顔だ。

お寺の中にもバーがある。

桜のシーズンの下木屋町界隈にも素敵なバーある。夜桜見物しながら高瀬川沿いを歩くのは気分が良い。

御幸町、麩屋町、富小路。仏光寺。それぞれの道がどれも夜の散歩に気持ち良い。

北に歩くならお勧めは錦から上の方だ。特に御池を超えてからの通りはどれも格別に静かで好きだ。

 

夜も遅くなると観光客がいない。

 

本当の京都だ。

 

気分が乗ってタクシーに乗るまで結構歩く。歩き疲れたころにタクシーを拾う。

 

これが東京ならすぐにタクシーに乗って家路につくか山手線の駅に向かう。

楽しくないからだ。

 

そう、バーに行くなら京都が最高。

 

ほんま一回飲みに来てみ。

むっちゃえーで。

どのバー入っても絶対に店から出たら歩きはったらえー。

 

京都の良さがますますわかりますわ。ほんまの京都の夜が。

 

京都観光は夜もほんまにおもろいと思う。

 

来はったらええねん。

 

一緒に飲みましょか。ええ店連れて行くで。

 

一番流行っているバーはK6.

一番良いバーはロッキングチェア

一番カッコいいバーはコモンワン。

一番よく行くバーは樹

 

どこにします?

 

 

ビジネス・経営・起業のご相談は

中小企業・個人企業専門

ー 戦略開発から実践プラン作成・実行支援まで ー

<九州・京都・大阪・関西・名古屋・東京・全国対応>

 

”戦略経営”実践ビジネスコンサルティングの 

ロング ラスティング ライン3L まで

 

https://longlastingline.com/

mail: info@longlastingline.com

電話 : 09066509858

 




<

ページ上部に戻る